心霊スポット掲示板、開設しました!

【読者からの挑戦状】謎の暗号「gaster666」の解読が詰んだので協力者を募ってます

ーー「やいクソ雑魚ナメクジ」…。読者たちから愛のある罵声が聞こえて来たような気がしたが、ここは潔く認めることにする。

ムコQ

やべぜっんぜん分かんない無理

 

Twitterをフォローしてくれているみんなはご存知かとは思うのだが、最初からお話ししよう。なんと読者の中に、鬼畜とも言うべき暗号をわざわざお問い合わせフォームから送りつけてくる、人間の皮を被った悪魔が潜んでいたのだ…。

【042933964230】留守番電話の暗号事件。Cicada3301は関係しているのか!? 【2019年最新版】暗号事件「cicada3301」の真相 詳しい解読方法とその答えとは? 【謎】アマゾンの熱帯雨林でザトウクジラの死体が発見された。

謎の暗号「gaster666」

「gaster666」の始まり

事の始まりは、3月20日。筆者は卒業旅行で大阪に遊びに行っており、ウキウキ気分でUSJを楽しんでいた時だった。Gmailは空気が読めなかった。iPhoneのロック画面に容赦無く映し出される「きちとかいすおおお」の文字。

普段なら「イタズラか…」と見て見ぬ振りをするのだが、アトラクションがなんとも長い待ち時間だったので少し添付されたURLの画像を開いてみることに。(imgur.comは画像をアップロードするサービスだと知っていたので。ちなみにいうと、cicada3301の有名なアヒルの画像もこのimgur.comだ。)

 

ムコQ

ふゃ????????????????

※解読編は後ほど。

 

やはり、いちオカルトサイト管理人としての意地というよりかは使命感のようなものに駆られ、とりあえず解読は少しずつ進めていた。

しかし、旅行から帰ってきた今日(3月24日)、またもやこの暗号の出題者(人間の皮を被った悪魔)からメールがきた。

「もういいよ、ヒントやるから早よ解けや」と言わんばかりの立て続けのメール。このメールを目にした筆者は咄嗟に「いや、旅行で忙しかったし…。」と言うなんとも苦し紛れな言い訳しか出てこなかった。惨めだ。

「Cicada3301」のクエリで一位に君臨する記事を書いている筆者にとって、この敗北はかなり効いたのだ。

もう敗北は認めた。ムズイ。

 

次のページ:現在分かっている部分の解説

 

ムコQ

Gasterさんから挑戦状第二弾!あなたにこれが解けるか!
【寄稿】Gaster666からの挑戦状|あなたはこの暗号を解読できるか。

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です