心霊スポット掲示板、開設しました!

【トランプ大統領予言】現代にリンクしすぎている120年以上前の本:『The Last President』の内容とは。

ムコQ

どうも、ムコQです!

予言って、正確すぎるものってすごく不思議でワクワクしますよね…!

 

今回の記事は、1900年頃に出版された『トランプ大統領を予言していた本』についてです。

【ロシア】シベリアで”太陽が消えた”あの事件。3日前に予言していた人がいた。 【ババ・ヴァンガ】予言が国家最高機密に。視力と引き換えに、脅威の的中率を誇る予言能力を手に入れた女性。 【最新版】CCS側の公式発表及び、北海道地震と地震爆発論について。たっくーTVでも紹介された、CCSって何??

『バロン・トランプ』が登場する謎の本

バロン・トランプって?

画像:http://netgeek.biz/archives/125087より

バロン・トランプって?
  • 本名:バロン・ウィリアム・トランプ(Barron William Trump)
  • 誕生日:2006年3月20日
  • 第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプと、ドナルドの3番目の妻で現在の妻であるメラニア・クナウス唯一の息子
  • 12際で身長が180cmあるイケメン。イケメン。(ちなみにドナルドは190cmらしい。メラニアもそれくらい。怖い。)

 

謎の本の著者:インガソール・ロックウッドについて

画像:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/74/Ingersoll_Lockwood%2C_age_35.jpgより

インガソール・ロックウッドって?
  • Ingersoll Lockwood(1841年8月2日〜1918年9月30日)
  • アメリカの弁護士、及びライター

 

『Travels and adventures of Little Baron Trump : and his wonderful dog Bulger』

画像:https://archive.org/details/travelsadventure00lockより。ぜひ見てみて!

和訳:小さいバロン・トランプの旅行と冒険:そして素敵な犬、ブルガー

 

『Baron Trump’s marvellous underground journey』

画像:https://archive.org/stream/barontrumpsmarve00lock#page/n7/mode/2upより。ぜひ見てみて!

和訳:バロン・トランプの素晴らしい地下鉄の旅

 

本の内容をザックリと紹介

この本の設定は以下の通り。

 

  • バロン・トランプは大金持ちの息子
  • 父親は現役の大統領
  • トランプ城に住んでいる
  • バロンには、ドンと呼ばれている師匠/先生がいる
  • ドンに案内され、ロシア北部のウラル地方を目指して旅に出る

 

実際に本を読んだ方のブログを発見したので引用いたします。

「トランプ男爵の素晴らしい地下旅行(Baron Trump’s Marvelous underground Journey)」。
266ページの作品。
作者はIngersoll lockwood。
内容はといえば。。非常に奇妙な印象だ。
タイトルの偶然の一致というレベルではなく,トランプ・ファミリーと重なる点が奇妙に多い。

引用:http://datasea.seesaa.net/article/460940213.html より

 

不可解な点

  • 『バロン・トランプ』→同じ名前が使われているという点
  • 『トランプ城』→トランプタワーを連想させる点
  • 『ドン』→師匠の名前が「ドナルド」に似ている

ムコQ

偶然だとしても、ここまで色々被ると結構ワクワクしますよね

 

 

 

 

でもこの後、インガソール・ロックウッドはもっと興味深い本を出版したのです。それがコチラ。

『The Last President』

画像:https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=mdp.39015080466603;view=1up;seq=3より(このURLから実際の物語を読むことができます。気になった方は是非。)

 

内容は以下の通りです。

  • この物語の始まりは、崩壊寸前にある米国経済。
  • ニューヨークの五番街に住んでいた裕福な男は、大統領に立候補する。
  • 大方の予想を覆して大統領選挙に勝利、大統領に就任。
  • 就任後間もなく、大統領は大統領令に署名し、組閣を行った。
  • 崩壊寸前にある経済世界の中で、男は自分自身の通貨をつくった。
  • 新通貨がうまく機能せず、シカゴでは暴動が起きていた。
  • 結局うまくいかず、共和党が崩壊してしまう。

 

驚くべき程に現代の世界にリンクしていて鳥肌ものですよね…まとめます。

 

  • トランプタワーがあるのは、ニューヨークの五番町
  • トランプ就任の際、シカゴでは暴動が起きていた(2016年11月10日)
  • 組閣の際の、国務長官・農務長官・海軍秘書は現役職と同名の者だった
[16頁] 前作品と同様,この章では奇妙な現代とのリンクがある。
選挙当時,勝利すると予想した人はほとんどいなかった。予想を覆して大統領になったこの男は就任後に組閣を行う。
国務長官:William Stewart(Secretary of State William Stewart)
農務長官:Lafha Pence(Secretary of agriculture Lafha Pence)
海軍秘書:John Garey(secretary of Navy John Garey )
(いずれも現役職についている人と同名!)

引用:http://datasea.seesaa.net/article/460940213.html より

ムコQ

3つ目に関しては、私の目ではまだ確認していませんが、記述を見つけたので載せておきますね。私も近いうちに確認して追記します。

 

さいごに

ムコQ

ここまで当たるとワクワク通り越して怖い。

 

やっぱ予言系好きだなぁって思いますね…。こじつけって言い切れないくらい、ズバズバ当ててこられると調べていて鳥肌が立ってきます…。

では。ムコQでした。

【ロシア】シベリアで”太陽が消えた”あの事件。3日前に予言していた人がいた。 【ババ・ヴァンガ】予言が国家最高機密に。視力と引き換えに、脅威の的中率を誇る予言能力を手に入れた女性。 【最新版】CCS側の公式発表及び、北海道地震と地震爆発論について。たっくーTVでも紹介された、CCSって何??

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です