【ババ・ヴァンガ】予言が国家最高機密に。視力と引き換えに、脅威の的中率を誇る予言能力を手に入れた女性。

ムコQ

どうも、ムコQです!

予言系の都市伝説にハマりました。予言系のネタのストック、2桁ありますw

 

 

そういえば以前に、時事ネタでロシアの太陽が消えた事件予言についても記事にしたんですが、陰謀論の方が盛り上がってしまって苦い思いをしました。もし時間があれば読んでやってください…。

時間があるので仕方ないから読んでやる。

 

 

さあ2度目の予言系。

世の中には様々な予言者がいますが、今回の内容は予言界のラスボス的存在ババ・ヴァンガについてです。

【ババ・ヴァンガ】予言が国家最高機密に。視力と引き換えに、脅威の的中率を誇る予言能力を手に入れた女性。 【Appleに疑惑】新作のiPhoneを出すたびに、旧作iPhoneをわざと重くしている説 【最新版】CCS側の公式発表及び、北海道地震と地震爆発論について。たっくーTVでも紹介された、CCSって何??

ババ・ヴァンガって?

画像:Pinterest.com より

ババ・ヴァンガって?
  • 本名はヴァンゲリア・パンデヴァ・ディミトロヴァ
  • 1911年1月31日、ストルミツァ(ブルガリアの国境上の都市)に生まれた
  • 12歳のときに竜巻に飲み込まれ、激しい砂嵐で両目を傷つけられて失明し、盲目となった
  • それ以来、予知能力が身についた
  • 予言の的中率は、脅威の80〜85%といわれている
  • 1996年8月11日にこの世を去った
  • 彼女の死後、ブルガリア政府は予言の多くを国家最高機密に指定したため、公表されているものは少ない

 

ムコQ

生前には、アドルフ・ヒトラー戦況の推移を尋ねられたこともあるみたいで、かなり信用されていたみたいです。

 

今まで的中した有名な予言

予言の多くが国家最高機密に指定されるくらい脅威の的中率を誇った予言ですが、衝撃的なものも多いようで、そういった予言はまだ公表されていないみたいです。

公表されている予言の中で、有名なものをいくつかご紹介いたします。

  • 第二次世界大戦の勃発(1939~1945)
  • チェルノブイリ原発事故(1986)
  • 米ソの冷戦終了とソ連の崩壊(1989)
  • ダイアナ妃の死去(1997)
  • クルスク原子力潜水艦事故(2000)
  • 9.11アメリカ同時多発テロ(2001)
  • スマトラ島沖地震(2004)
  • オバマ大統領の誕生(2009)
  • 3.11東北地方太平洋沖地震と福島第一原子力発電所事故(2011)
  • イスラム国の台頭(2016~)

 

ムコQ

9.11アメリカ同時多発テロに関しては、『アメリカで鉄の鳥が双子に衝突して、大勢の人々が死ぬ』と、完璧に予言していたみたいです。

 

ちなみに2018年以降も、5079年『世界の終わり』まで予言されており、一部公表されています。

ちなみに2018年以降も、5079年『世界の終わり』まで予言されており、一部公表されています。読みたい方はコチラから。

画像:https://tocana.jp/2017/08/post_13911_entry_3.html

 

近年起こるかもしれない恐ろしい予言

2018年3月16日のイギリスの新聞:Daily Postによると、1979年に作家:バレンティン・シドロフと面会したババ・ヴァンガはとある予言をしたと言う記事が掲載されました

  • 氷のように全てが溶ける。しかし、一箇所だけ手つかずの領域が残るだろう。それは、ウラジミールの栄光ロシアの栄光である。
  • 多すぎる犠牲者が出るが、誰にもロシアを止めることはできない
  • ロシアが全てを取り去ってしまう。そして、ロシアは残るだけではなく、世界の覇者となる

 

ムコQ

この予言は、ウラジミール・プーチンが初めて大統領に就任する21年前にされたものです。

 

 

『プーチン大統領率いるロシアが世界の覇者となる』ことを意味していて、

  • “多すぎる犠牲者”=世界大戦
  • “氷のように全てが溶ける”=核兵器の使用

が容易に連想できます。

 

さいごに

2018年3月4日には、ロシアとイギリスの関係が悪化するような事件が起きており、今でも英露関係は緊迫しているみたいです…

3月4日、イングランド南西部のソールズベリーでロシアの元スパイであるセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)が意識不明で見つかり、ロシアが神経ガスによる暗殺を目論んだのではないかと推測されている。

これに対しロシア政府はイギリス政府の陰謀であるとして頑なに容疑を認めず、イギリス政府も国内のロシア人外交官23人の国外追放を決定するなど、強硬な姿勢を見せている。

引用:https://tocana.jp/2018/03/post_16356_entry_2.html

 

この事件が戦争の引き金となるのかはわからないですが、いずれにしろ、プーチン在任中に戦争が起こると予言しているのでそう遠くない未来で世界大戦が起きてしまうのかも知れません。

 

ちなみに。

プーチン大統領が、2018年3月1日行った年次教書演説では、最新型の大陸間弾道弾『RS-28』:別名、サルマト(Sarmat)が公開されました。

画像:https://www.dailymail.co.uk/news/article-5449331/Putin-Russia-nuclear-invulnerable-interception.html より

『RS-28』:サルマト(Sarmat)って?
  • 200トンの核爆弾が搭載可能
  • 複数個の核弾頭の“雨あられ”を地球上のあらゆる場所に降らせることができる
  • 現行のミサイル防衛システムは全く無力

ムコQ

何を考えているのか…。おそロシアです。

では。ムコQでした。

【ババ・ヴァンガ】予言が国家最高機密に。視力と引き換えに、脅威の的中率を誇る予言能力を手に入れた女性。 【Appleに疑惑】新作のiPhoneを出すたびに、旧作iPhoneをわざと重くしている説 【最新版】CCS側の公式発表及び、北海道地震と地震爆発論について。たっくーTVでも紹介された、CCSって何??

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です